カブトムシの住む町へ

TOPPAGE > カブトムシの住む町へ

カブトムシの住む町、京北へ・・・その想い


 私たちが子供の頃、ここ京都市右京区京北地域にはカブトムシやクワガタその他の多くの昆虫たちが
数多く生息し、夜には街灯の下や、グラウンドの照明の下に飛んでくる虫たちを、よく取りに出かけたも
のです。昼間でも、大きな栗の木を揺すれば、ボタボタと大きなカブトムシやクワガタが落ちてくる・・・
昆虫好きな子供達にとって、正に夢のような時代でした。 




 しかし、近年では虫たちの住環境、幼虫たちが成育出来る場所が次第に減ってきているせいか、
ほとんど見かけることは出来なくなってしまいました。





 子供たちとカブトムシについて話していると、

   「カゴの中のカブトムシしか見た事がない・・・」

   「カブトムシってどこにいるの?」 「
デパートやん♪」

   「何食べてるか知ってる?」 「
もちろん、♪」

   「・・・・・」






 時代の流れでしょうか。既にカブトムシは森林で採取するものではなく、デパートで購入するものに
なってしまいました。



 
京北にカブトムシを呼び戻して、本来の姿を子供達に知ってもらおう!
 もっともっと虫たちと触れ合ってもらおう!



 これが、「カブトムシの住む町、京北」のはじまりでした。



 
京北地域の夏の訪れは、カブトムシとともにやってきます・・・




TOPへ

Copyright (C) Keihoku-Kabuto.com 京北商工会青年部 All Rights Reserved.
design by. (C) WebDaisuki.com